FC2ブログ
いっちょかみ師のさんす亭
浪速のいっちょかみ師がサンライズ製アニメーションに関する話題について思い付いたまま脈絡もなく書くブログ。
機動戦士ガンダムAGE 第42話
第42話「ジラード・スプリガン」


■先週の続き
今週もルナベース攻略戦継続中。

■ティエルヴァ(HMS-005)
全長:18.8m、重量63トン。

背中の2機の大型ビット(TBIT:ティエルヴァビット?)はビーム砲だけで無く、ドリルにもなる。

■説得
フラムとの戦闘の途中に乱入してきたスプリガン大佐に戦争をやめるように説得するキオだが、復讐に燃えるスプリガンは聞く耳持たず。(^_^;)

アセムはゼハートを説得しようとするが、イゼルカントに盲信するゼハートは聞く耳持たず。(^_^;)

■ジラード・スプリガン大佐
元連邦軍テストパイロットのXラウンダー。本名はレイナ・スプリガン。

以前、Xラウンダー能力増幅システムの開発中に、功を焦った上層部の指示の影響でシステムが暴走。恋人のジラード・フォーネル少佐を失い、自身も重傷を負う。

試験の失敗をフォーネル少佐に押しつけ、スプリガン少佐を二階級特進させることで、証拠隠滅を図った連邦軍に復讐するためにヴェイガンに寝返った。

■軍のデータ
軍にあるスプリガン大佐のデータはどこまである?

事故の真相は握りつぶしているので、同僚がテスト中に指示を無視した挙げ句に暴走して死んだことぐらいしか残っていないはずなのに、エイナス艦長はすべてを理解した?(^_^;)

大佐にもなると名前もジラードに変更できるらしい。(^_^;)

■援軍
フラムとスプリガンを相手に、攻撃したくないキオは防戦一方。

キオを助けるためにフルアーマーAGE-1でフリットじいいちゃん出撃。ヴェイガン殲滅まっしぐらなフリットじいちゃんは火力押し。(^_^;)

■共鳴現象?
ティエルヴァに装備された装置?でスプリガンの負の感情が周辺のXラウンダーに伝播。ゼハートも異変を感じで急行するが、ただのスーパーパイロットのアセムは外野。(^_^;)

■次回予告
ガンダム3機あっても共闘出来ないので、大したことは無い。(^_^;)

■ガンダペディア
ティエルヴァはマッドーナ工房でXラウンダー用に作られたGバウンサーの魔改造機。(^_^;)
スポンサーサイト



ガンプラ新作
いつものように確定分のガンプラ新作リストです。
#情報源はHJと電ホとダムA。一部、ネット情報。(^_^;)

抜けていたり、間違っていたらゴメン。<(_ _)>


■8月
・HGガンダムAGE−3オービタル(8月5日:1890円)
・MGガンダムAGE−2ノーマル(8月9日:4410円)
・HGガンダムAGE−FX(8月23日:1680円)
・HGUCハンブラビ(8月23日:1785円)
・HGガンダムAGE−1レイザー(8月25日:HJ10月号おまけ)
  HGガンダムAGE−1用パーツ。
・システムウエポン3(8月:1260円)


■9月以降
・HGUCジムスナイパー2(9月:1575円)
  WD仕様はプレバン限定でおまけいっぱい。
・HGクランシェ(9月:1365円)
・MGバスターガンダム(9月:4200円)
・HGガンダムレギルス(10月:1575円)
・MGイージスガンダム(10月:5040円)
・HG00刹那専用フラッグオービットパッケージ(未定:未定):ホビーショー参考出品
・HG00ジンクス3コロニー公社仕様(未定:未定):ホビーショー参考出品
・MGジンクス4(未定:未定):ホビーショー参考出品
・MGフルアーマーガンダムマテリアルカラー(未定:未定):ホビーショー参考出品
・HGUCドライセン(未定:未定):ホビーショー参考出品
・UCHG 高機動車両M72(未定:未定)
・UCHG ラコタ(未定:未定)
・1/1700 ダブデ級陸上艇(未定:未定):ホビーショー参考出品
・1/1700 ヘビィ・フォーク(未定:未定):ホビーショー参考出品
・1/1700 ビック・トレー(未定:未定):ホビーショー参考出品
・1/144 陸戦強襲型ガンタンク(未定:未定):ホビーショー参考出品
・MG ガンダムF90(未定:未定)
   出たら買い。
・1/100? アストレイMJ(未定:未定):ホビーショー参考出品
  赤ストレイのパワーアップ版。
  出たら買うけど、ゲルググアーマーは付くのかな?(^_^;)
・HGUC ドムキャノン(未定:未定)
  ゲーム専用機体。
機動戦士ガンダムAGE 第41話
第41話「華麗なフラム」


■先週の続き
ルナベース攻略戦継続中。

■月面降下
今までのガンダムシリーズとは違い、月面着陸が慎重すぎ。(^_^;)

■作画が面倒?
Cファンネルでの斬首の作画が光だけに。(^_^;)

■種並に回想シーンを多くとっております(^_^;)
今回は回想シーンが多い。(^_^;)

キオのセカンドムーン探訪、フラムのゼハートとのやりとり、アセムのゼハートとの共闘、フロストのどこに落ちたい?

■焦るフリット
ルナベース侵攻が遅れているので焦るフリット。

■どこかで見たシーン(^_^;)
ゼハートが撃破されるメージを見たフラムは、ゼハートについていくことに。

元々フラムは兄であるマジシャンズ8のドール・フロストの敵討ちの様子を見ていたが、ゼハートの動向をみて心変わりしたようだ。

■リミッター解除
AGE−FXとやりあうためにゼハートはギラーガのXトランスミッターの出力を最大にして、扱えるビットの数を増やすことにしたが、フラムがどうこすることになったので中止に。

■フォーン・ファルシア
ユリンが乗せられていたMSの後継機。フラムの乗機で、ファルシアベースは無い。

ビットの数は増えていないが、ビームリボンが使える魔法のスティックが使えるようになっているのと、パイロット自身に戦う意志があるので、戦闘力は上がっているようだ。

■弾切れ
スタングルライフルのエネルギー切れで焦るキオ。斬首するんだから、いちいちMS破壊せんでもいいのでは?(^_^;)

スタングルライフルはガンダム本体からエネルギー供給しているわけではないのか。

■回避行動
ギラーガとファルシアのビット攻撃をかわすAGE−FXはまるでνガンダム。(^_^;)

■Cファンネルフィールド
Cファンネルを機体の周辺で高速移動させることにより発生する球体バリア。サイズを自由にコントロールできる。

■説得
無駄な戦闘をやめて、今後のことを話しあおうとフラムに呼びかけるキオだが、フラムがまったく聞く耳持たないので、通じなかった。(^_^;)

■宿命の対決
アセムVSゼハートの戦いは互角。

■ティエルヴァ
ヴェイガンに寝返ったジラード・スプリガン大佐用の黄緑色のGバウンサー。バックパックは遠隔兵器。目はゴーグル付き。

しびれを切らせて出撃。

■次回予告
元連邦軍のエースの憤り。

■ガンダペディア
ルナベースは司令官ごと寝返った。
機動戦士ガンダムAGE 第40話
第40話「キオの決意 ガンダムと共に」


■ガンダムAGE-FX
AGE-3はマグネットコーティングをされることも無くお払い箱。(^_^;)

MS自体乗り換え。(^_^;)

■OP
OPも一新。

黄緑色のGバウンサーカスタムがヴェイガン側なのは連邦の裏切り者がパイロット?

AGE-1もフルアーマー化で前線投入?

最後の敵はシド?

■FXの由来
FOLLOW X-ROUNDERという名が示すようにXラウンダー専用機で、Cファンネルを装備。

■アスノ家3代の考えの違い
アスノ家3代の考えが大きく異なっていて、話が全く噛み合っていない。(^_^;)

フリットはなんとしてもヴェイガンを根絶やしにしたい。

アセムは連邦とヴェイガンの戦いのバランスをとって、膠着状態に持って行って自然に戦争が終わるのを待っている。

キオは話し合いで全面和解。

話的にはEXA−DBをめぐる戦いで、ヴェイガンと共闘して復活したシドに立ち向かうという構図?

■ムーンベース
地球連邦軍の基地だが、基地司令官の裏切りですでにヴェイガンに落とされている。基地の一部の人間もヴェイガンに寝返っているようだ。

■Cファンネル
漏斗型をしていなくてもファンネルと呼ばれる遠隔兵器。GNソードビットの様に高速移動で相手を切断可能。

連結させるとシールドにもなる。

Cファンネルの操作にガンダムのオーバーアクションが必須なのかは不明。(^_^;)

■不殺
キオの戦闘方法はCファンネルの特性を生かして、ヴェイガンMSの操縦席である頭部を切り落としてパイロットを救うというもの。

連邦軍に助けた頭部を破壊されそうになると、Cファンネルで守る。

■ホームズの推理
アビス隊長の推理では、ヴェイガンは正体を隠す必要がなくなったので、MSを破壊されても自爆しなくなったらしい。

■プラズマダイバーミサイル
フリットがアルグレアスを丸め込んで合法的に持ち込んだ秘密兵器。

エイナス艦長の口ぶりでは倫理上問題のある大量破壊兵器の模様。フリット的にはヴェイガンを根絶やしにするためには手段を選ばない。

■切り札
老い先短いイゼルカントが用意したのは・・・。

■次回予告
魔法少女MS。(^_^;)

■ガンダペディア
ガンダムAGE-FX。
機動戦士ガンダムAGE 第39話
第39話「新世界の扉」


■OP
シルエットになっていたヴェイガンダムが解禁。

■ガンダムレギルス
ヴェイガンダムのパイロットはイゼルカント。EXA-DBとAGE-3を基に製作。

海賊MS2機を瞬殺。ビットも装備。

■エデン計画
イゼルカントは極限下に人を追い込むことで、争わない新人類を覚醒させようとしていたので、地球圏のコロニーだけでなく、ヴェイガン側のコロニーも襲って、その中から新人類を選別し、新しい世界を作ろうとしている。

■キオへの執着
イゼルカントとしては死んだ息子が言ったように、キオを地球生まれの子供として転生したものと思っているらしく、キオに執着しているようだ。

■援軍
完全にザナルドらに取り囲まれて身動きできないキオとアセム親子にビシディアンからの援軍が本格的に投入されるが、多勢に無勢と思われたが、拮抗状態にはなった模様。(^_^;)

■AGE-2対ゴリラ
重装甲、大出力、敏捷性を兼ね備えたザムドラーグの前に、海賊装備のAGE-2では決定打に欠けるどころか、手も足も出ない状態。せめてハイパードッズライフルがあれば・・・。(^_^;)

■ガンダムの限界
キオの動きにAGE-3がついてこれず、関節部がオーバーヒート。(^_^;)

せっかく交換したAGE-3ノーマルの装備もまったく役に立たず。(^_^;)

■隕石弾
多勢に無勢のヴェイガンに対し、ビシディアンが用意したのは3つの大型隕石弾。セカンドムーンにぶつけると脅迫して撤退に成功する。

隕石弾はダミーバルーンでチャフが充填されていたので、爆発させてヴェイガンのセンサを攪乱。

■入隊式
何の前触れも無く、人相の変わったディーンがヴェイガン軍に入隊。(^_^;)

■次回予告
AGE-3はマグネットコーティングされること無く、早くもお払い箱。(^_^;)

■ガンダペディア
ヴェイガンダムの説明。
バンダイ出荷予定(2012年7月)
バンダイホビーサイトの出荷予定が更新されています。

・HGUCザクマリーナ(7月12日:1470円)
・HGUCベースジャバー(7月12日:1050円)
・HGダークハウンド(7月12日:1575円)
・HGGエグゼスジャックエッジ(7月26日:1260円)
・RGジャスティスガンダム(7月26日:2625円)
・ビルダーズパーツHD−01〜11(7月26日:525〜630円)
機動戦士ガンダムAGE 第38話
第38話「逃亡者キオ」


■お父さんが来たからもう安心?
早々とアセムパパも火星圏に到着。(^_^;)

■キオの疑問
フリットじいちゃんから聞いていた話とまるで違うヴェイガンの世界。

■交換条件
ヴェイガンダムを完成させるためイゼルカントからAGEデバイスの解除コードを要求されたキオはルウに渡す薬と引き替えに了承。

たぶんフリットじいちゃんに知られたら殺される。(^_^;)

■デート
ルウとキオがディーンの監視付きでデート。(^_^;)

思い出作りシーンなのでいつものように止め絵。(^_^;)

■見えざる傘
ヴェイガンの戦艦から回収した装置を使った光学迷彩機能がバロノークに追加されていて、ヴェイガン側にも気付かれずにセカンドムーンに接近出来た。

でも、MSは隠せないので侵入がモロバレ。(^_^;)

■迎撃
街中での戦闘を極力避けたいようで、ダークハウンドへの迎撃は控えめ。

■キオセンサ
AGEデバイスを取り上げられ、キオの居場所がわからなくなっているのに、ヴェイガンの通信を傍受しただけで、官邸まで一直線で飛んでいったダークハウンド。アセムはXラウンダーではないのに、親子の絆?(^_^;)

センサで一発でキオの場所がわかったのはヴェイガン側に内通者が居る?(^_^;)
※でも個別の部屋までは何故か判別出来なかった。

■親子再会
キオとアセムの再会は仕方なし状態で、なし崩し。(^_^;)

■手際よし
格納庫のシステムに侵入し、ゲートを開放。AGEデバイスも回収し、爆弾で警備を翻弄する。ビシディアンは手際よすぎ。(^_^;)

■未来日記
ガンダムにのってディーンのところに向かったが、ルウが亡くなっていた。キオとの希望に満ちた未来を描いた絵日記にキオ涙。

相変わらず視聴者を置いてけぼりの展開。(^_^;)

■ヴェイガンダム
セカンドムーンの外で待っていたのはヴェイガン製ガンダム。

■次回予告
ヴェイガンダムの力。

■ガンダペディア
セカンドムーンは軍事の中心。